ここから本文です

「玄関で殴り、床下運び刺した」=杉並女性遺体事件、逮捕の男供述―警視庁

時事通信 4/17(月) 12:08配信

 東京都杉並区の民家で無職上田美恵子さん(62)の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された元リフォーム業者の無職青木啓之容疑者(52)が、玄関で上田さんを殴って縛った後、床下に運び刺したと話していることが17日、警視庁荻窪署捜査本部への取材で分かった。

 捜査本部は殺人容疑でも調べている。

 捜査本部によると、青木容疑者は玄関付近で馬乗りになり、上田さんを複数回殴ったと供述。上田さんが意識を失った後、そばにあった粘着テープで縛り、床下で刺したという。床下に運んだのは「(遺体を)隠すためだった」と話している。 

最終更新:4/17(月) 12:14

時事通信