ここから本文です

韓経:【取材手帳】リーダーシップに追いつかない現代自動車の「儀典」

中央日報日本語版 4/17(月) 17:24配信

12日午前10時、ニューヨーク国際オートショーが開かれたマンハッタンのジェイコブ・ジャヴィッツ・コンベンション・センター。現代自動車の鄭義宣(チョン・ウィソン)副会長が展示場を見回すという話を聞き、現場に到着した時には彼を簡単に探すことができると考えた。スーツ姿の職員が彼とともに群がっている様子を頭の中で描いていたためだ。

予想は見事に外れた。展示場の所々を歩き回ってみたが、鄭副会長がどこにいるか予想すらできなかった。かろうじて鄭副会長を「発見」してから、その理由が分かった。彼はカジュアルなシャツにジャケットも着なかった。靴はスニーカーだった。通常、観覧客と同じ格好で2時間ほど、ほぼ一人で歩き回りながらあちこちで展示されている自動車を真剣に見ていた。

ニューヨークは世界のどこよりも職員がトップの儀典に厳しいと言われているところだ。予期せぬ交通状況のためにビジネスミーティングから軽い食事まで、動線を考えることすら容易ではない。

随行秘書なしに「自ら」海外出張に出る鄭副会長のスタイルは、現代車の儀典負担を多いに減らした。彼は40代後半という比較的に若い年齢のうえに、米国の経営大学院で勉強したことがある。無駄な儀典はむしろ居心地を悪くさせる。今年初にラスベガスで開かれた家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」でもやはりカジュアルな姿で一人で見回していた。かつてのトップらとは明らかに異なる。

ところが、現代車職員の儀典慣行が完全に消えたわけではなかった。現代車はこの日午後1時、メディアを対象にソナタの発表会を開いた。だが、一番前の座席は現代車職員があらかじめ占めておいた。こちらには鄭副会長や役員が座って発表会を見守っていた。行事が終わった後、簡単な感想を聞こうと近寄ったところ、職員から直・間接的に阻止された。

もちろん、事情があっただろう。現地の経営陣が中心である行事で鄭副会長が前面に出るのが気まずかったかもしれない。それとも、次の日程がぎりぎりだったかもしれない。それにもかかわらず、せっかく会えた鄭副会長の一言を期待した記者らには、現代車の儀典文化がトップの水準に追いついていないことが残念に思われた。

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

最終更新:4/17(月) 17:24

中央日報日本語版