ここから本文です

ロアッソ熊本・清川監督、被災地に捧ぐ勝利「笑顔を取り戻してほしい」

GOAL 4/17(月) 7:43配信

明治安田生命J2リーグ第8節、ロアッソ熊本対松本山雅FCが4月16日にえがお健康スタジアムで行われた。試合は2-0で熊本が勝利。試合後、熊本の清川浩行監督が記者会見に臨んだ。

「熊本地震復興支援マッチ」と位置づけられたゲームを勝利で飾った清川監督は、まず「たくさんの方が駆けつけてくれて本当にありがたく思います。ファミリーの皆様に協力いただいて今日を迎えることができ、非常に感謝しています」と謝意を述べた。

ゲームについては「セカンドボールの拾い合いが全て。うまく拾える回数が増えて、立ち上がりにああいう形で点を取れた。相手に押し込まれる場面もありましたが、プレッシャーを掛ける場面と引き込む場面にメリハリを付けて、ボールを長く持つようにしていこうと。後半もいい形で得点できて、失点をゼロで抑えて今日のような特別な日に勝利できたのは選手のおかげだと思います」と満足感をにじませた。

被災者への思いを聞かれると「最後まで諦めずにピッチで躍動することが自分たちの仕事だと思います。今日のような勝利で少しでも被災されている皆さまに笑顔を取り戻してほしい」と真摯な眼差しで語り、「長いシーズンの1ゲームですが、熊本にとっては特別な日。熊本のチームである以上この日は永遠に続くので、そういう日にみんなで勝ち取った勝利はこの先も力を与えられると思います」と締めくくった。

GOAL

最終更新:4/17(月) 7:43

GOAL

スポーツナビ サッカー情報