ここから本文です

2017年のWEC開幕戦シルバーストーン6時間でトヨタ「TS050 HYBRID」が優勝

Impress Watch 4/17(月) 12:50配信

 4月16日(現地時間)に行なわれたFIA世界耐久選手権(WEC)開幕戦シルバーストーン6時間レースで、TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ自動車)のTS050 HYBRID 8号車(中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン選手)が優勝した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 開幕戦には7号車(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス選手)と8号車の2台が参戦し、決勝では2台のTS050 HYBRIDがグリッド最前列からスタート。7号車はリアサスペンションの不具合などにより総合23位に終わったものの、8号車はレース残り13分を切ったタイミングでトップに立ち、そのままゴール。開幕戦を見事に制した。

 なお、次戦スパ6時間レース(5月4日~6日)には7号車、8号車に加え9号車(ステファン・サラザン/国本雄資/ニコラス・ラピエール選手)も参戦する予定。

佐藤俊男 TOYOTA GAZOO Racing代表

とても劇的な決勝レースの展開でしたが、レース中のアクシデントで検査のために病院に行ったロペス選手が無事という一報を受け、まずはほっとしています。予選では圧倒的な速さを発揮することができたのですが、決勝レースでのライバルは、さすがに手強い相手でした。チームは最後のチェッカーフラッグを受けるまで全力で戦いました。2台揃って表彰台に上がることは叶わなかったものの、レースで見せたチームの的確な判断力と闘争心、さらにダメージを負った#7号車を短時間で完全修復したメカニックの頑張りを誇りに思います。週末を通して見せたハイ・ダウンフォース仕様のTS050 HYBRIDの戦闘力には満足していますが、次戦スパ・フランコルシャン6時間レースに向けてさらなる改良を行ない、再度ライバルとの激闘を制することができるよう全力を尽くします。

中嶋一貴選手

アンソニー、セバスチャンとともに勝ち取ったこの勝利を本当に嬉しく思います。2015年に彼らとのトリオを組んで初めての勝利だからなおさらです。やっと勝てたという気分です。決勝レースは、降雨やセーフティカーの導入など不測の事態があり、予想以上に困難でした。我々はTS050 HYBRIDに満足していましたが、ライバルのペースもよく、厳しい戦いを強いられました。セバスチャンが最後は素晴らしい走りを見せてくれました。我々は彼を信じていましたが、最後は本当にエキサイティングでした。

セバスチャン・ブエミ選手

久々の勝利だっただけに、優勝できてとても幸せです。よいシーズンのスタートが切れました。レースは接戦となり、最後は非常にエキサイティングでした。我々のTS050 HYBRIDは常に速く、自分が担当した最後のスティントは、新しいタイヤで、ライバルに対して優位な状況もありました。最後にライバルをパスしたときは、チャンスはあの時しかないと分かっていました。実際に上手く行ってよかったです。

アンソニー・デビッドソン選手

チームの皆と開幕戦の優勝を味わえるとは何と素晴らしいことでしょうか。今日までともに苦労してきた仲間が素晴らしい仕事を成し遂げた結果だと思っています。セーフティカーの導入がありましたが、チームはこの難しい状況においても的確な判断で、間違いのない戦略を与えてくれました。セバスチャンは後半のタイヤ摩耗が厳しくなった時でも素晴らしい運転を続け、一貴と私はとても勇気づけられました。今日の彼は本当に素晴らしい活躍を見せてくれました。この勝利をとても誇りに思います。

Car Watch,編集部:小林 隆

最終更新:4/17(月) 12:50

Impress Watch