ここから本文です

ヤンキース7連勝=米大リーグ

時事通信 4/17(月) 15:19配信

 【ニューヨーク時事】米大リーグは16日、第2週が終了した。ア・リーグ東地区で田中が所属するヤンキースは連勝を7に伸ばし、首位オリオールズと0.5ゲーム差の2位となった。

 西地区は青木のアストロズが8勝4敗でトップ。岩隈のマリナーズは3.5ゲーム差の4位につけ、ダルビッシュのレンジャーズは4勝8敗で最下位。中地区は8勝4敗のタイガースが首位。

 ナ・リーグ中地区は8勝5敗のレッズがトップ。昨季のワールドシリーズ覇者で上原がいるカブスは勝率5割の3位。東地区はイチロー、田沢のマーリンズとナショナルズが7勝5敗で並んだ。西地区はロッキーズが9勝5敗で首位。前田のドジャースは1.5ゲーム差の3位にいる。 

最終更新:4/17(月) 15:24

時事通信