ここから本文です

プロ野球 浅村4適時打、勝負強さ発揮 西武猛攻16安打10得点

産経新聞 4/17(月) 7:55配信

 強打者の系譜を継ぐ「背番号3」を今季から背負う西武の浅村が、無類の勝負強さを発揮した。この日の4安打はいずれも適時打。5打点の活躍の26歳は「打席の中で集中できている」と充実感を漂わせた。

 16安打、10得点の猛攻の起点となったのも浅村のバットだった。1死二塁で迎えた一回の第1打席では、詰まりながらも先制の適時二塁打。2点を奪われた直後の九回の第6打席は、ロッテの反撃ムードをそぐ2点適時打を中前へ。得点機では代名詞のフルスイングを封印し、広角に打ち分けることに徹した。

 プロ9年目の今季、ユニホームの胸の部分に主将を意味する「C」の文字が入った。ある球団幹部も「主将になってから、精神面での“ムラ”がなくなった」と成長を認める。

 12日の楽天戦では自身初の5安打。開幕から好調を維持する浅村は「今年こそは優勝したい」と力を込める。2008年以来のリーグ制覇へ、背番号3が先頭に立つ。(浅野英介)

最終更新:4/17(月) 7:55

産経新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/1(月) 1:45