ここから本文です

トルコ国民投票、公式の押印ない投票用紙も有効=高等選挙評議会

ロイター 4/17(月) 18:18配信

[アンカラ 17日 ロイター] - トルコで16日に実施された大統領権限を強化する憲法改正の是非を問う国民投票を巡り高等選挙評議会(YSK)は17日、投票で使用された投票用紙と封筒はYSKが作成したもので有効だと主張した。

YSKのSadi Guven会長は記者団に対して、公式の押印がない投票用紙を認めるとYSKが土壇場で決定したことにつて、こうしたことを政府はこれまでも認めており、まったく前例がないことではない、と語った。

一方、大統領権限の強化に反対する向きは、YSKのこの決定を問題視しており、投票結果に異議を唱えている。

Guven会長は、投票結果がシステムに送られる前にこの決定が下されたと説明。与党公正発展党(AKP)と主要野党のメンバーがほぼ全ての投票所に居合わせていたと主張した。

最終更新:4/17(月) 18:39

ロイター