ここから本文です

剛力彩芽 母とのけんか告白「やるか?」で取っ組み合い

デイリースポーツ 4/17(月) 15:22配信

 女優の剛力彩芽(24)が17日、自身が主演するテレビ朝日系ドラマ「女囚セブン」(21日スタート、金曜、後11時15分)の会見に出席した。ドラマのストーリーにちなみ、母親と繰り広げたという取っ組み合いのけんか話を披露した。

【写真】魅惑の美脚! 剛力彩芽の「小旗ダンス」

 バトルが起きたのは「小学生ぐらいの時」。母親から怒られたことがきっかけで言い争いに発展し、母の「やるか?」の言葉をゴングにつかみ合いに。今でこそアクションやダンスで体を動かす演技が得意な剛力も「あの時はさすがに負けました」とねじ伏せられたという。

 母親とは基本的には当時も今も仲良しで「なんでしたんだろうね」と振り返ることはあるという。「いまだに怒られることはあるんですけど、そこまでのことはしたことがない。いまだに不思議です」と懐かしんだ。

 勝ち気な性格は昔からだといい、「体を動かすのは好きなので、小学生の時は母とも戦いましたけど、男の子とも戦いましたね。手をだしたり。まあ、剛力ですし」とあっけらかんと笑っていた。

 演じるのは京都の芸妓・神渡琴音。仲間の芸妓が殺された事件で有罪になってしまうが、実はえん罪。送り込まれた「花園女子刑務所」で、くせ者ぞろいの女性受刑者たちからいじめをはんなりとかわしながら、激しい刑務所内バトルを繰り広げる。

最終更新:4/17(月) 16:01

デイリースポーツ