ここから本文です

全日本の大会規模を拡大=バスケットボール

時事通信 4/17(月) 16:55配信

 日本バスケットボール協会は17日、全日本総合選手権の大会規模を拡大し、名称を全日本選手権に変更すると発表した。今年は男女各32チームが出場して8日間行われたが、次回からは各都道府県の代表を決める1次ラウンドで始まり、準々決勝以降を争う4次ラウンドまで分けて実施する。

 1次ラウンドは8月末までに終了。2次ラウンドは9月、男子のBリーグ1部(B1)や女子のWリーグ勢が登場する3次ラウンドは11月に実施する。4次ラウンドは来年1月にさいたまスーパーアリーナで開催される。いずれのラウンドもトーナメント方式で争う。

 日本協会によると、少なくとも男女合わせて600チームが参加する。 

最終更新:4/17(月) 17:02

時事通信