ここから本文です

韓国大統領代行、米副大統領と会談…「THAADの早期配備と運用で合意」

WoW!Korea 4/17(月) 16:54配信

韓国の黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行首相が17日午後、ソウル市内で訪韓中のペンス米副大統領と会談し、北朝鮮の核問題などについて議論した。

 会談後の会見で黄代行首相は「在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)が早く配備・運用されることにより、北朝鮮の威嚇に対する米韓対応態勢をより一層強化する」と明らかにした。

 また、「ペンス副大統領と北朝鮮の核ミサイルの厳重性と緊急性に認識を共にし、グローバルな対北朝鮮圧迫網を一層細かくして、制裁を徹底的に履行することにより北朝鮮の戦略的算法を変えるための努力を倍加していくことで一致した」と伝えた。

最終更新:4/17(月) 16:54

WoW!Korea