ここから本文です

韓国検察、朴槿恵前大統領を18の容疑で拘束起訴…収賄額は総592億ウォン(約56億円)

4/17(月) 17:01配信

WoW!Korea

韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領(65)が17日、18の容疑で拘束状態のまま起訴された。これにより、昨年10月から続けられていた国政不正介入に関する事件捜査は約6か月ぶりに事実上、終止符が打たれた。

 検察特別捜査本部は同日、特定犯罪加重処罰法上の収賄授受および第三者収賄要求、職権乱用および強要、公務上秘密漏えいなどの容疑で朴前大統領を拘束起訴したと明らかにした。

 先立って検察は朴被告に対する拘束令状を請求し、サムスン収賄授受、ミル・Kスポーツ財団設立大企業強制出資、47件の公務上秘密漏洩、文化芸術界支援排除名簿作成および施行、ハナ銀行役職員人事介入など13の犯罪容疑(細部的には16の容疑)を適用した。

 検察はこれに加え、ロッテに関連した第三者収賄授受容疑、SKに関連した第三者収賄要求容疑を追加した。これに伴い、朴被告は容疑は全部で18、収賄額は433億ウォン(約束金額含む)から592億ウォン(要求金額含む/約56億円)に増えた。

最終更新:4/17(月) 17:01
WoW!Korea