ここから本文です

ヤマト運輸、自動運転配達に向けた「ロボネコヤマト」の実用実験

Impress Watch 4/17(月) 15:12配信

 ヤマト運輸株式会社と株式会社ディー・エヌ・エーは17日、将来の自動運転社会を見据えた「ロボネコヤマト」プロジェクトの一環として、オンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」の実用実験を神奈川県藤沢市の一部で4月17日に開始した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 ロボネコデリバリーでは、ユーザーが指定した配送場所・配送時間枠(10分単位)に専用EV車両が到着。車内には保管ボックスが設置されており、到着後、ユーザーが二次元コードあるいは暗証番号で保管ボックスのロックを解除し、荷物を受け取る流れとなる。ドライバーによる有人運転だが、ドライバーは荷物の発送・受け取りに関与せず、ユーザー自身が荷物を車両から取り出す仕組み。さらに2018年をめどに、一部の配送区間における自動運転の導入も予定している。実験期間は2018年3月31日まで。

 あわせて、買い物代行サービス「ロボネコストア」の提供も開始する。実験エリア内のスーパーや飲食店など約20の加盟店の商品をインターネット上で一括購入し、配達してもらえる。無料会員登録後、サイト上からクレジットカード決済で購入可能。1回の購入が3000円(税込)以上の場合、利用料は無料になるが、3000円未満は別途324円が必要になる。

INTERNET Watch,磯谷 智仁

最終更新:4/17(月) 15:12

Impress Watch