ここから本文です

上野「東京五輪見据えて」=ソフトボール日米対抗戦

時事通信 4/17(月) 17:38配信

 6月に開催されるソフトボール女子の日米対抗戦の記者会見が17日、会場の横浜スタジアムで行われ、北京五輪で金メダルに導いた日本代表の上野由岐子投手(ビックカメラ高崎)や宇津木麗華監督らが出席した。2020年東京五輪に向け、最大のライバル米国との対戦は現在の実力を試す格好の機会。上野は「米国がどういうチームなのか、どれほど強いのか、(若い選手が)つかんでもらえれば。3年後を見据えて今できることをやりたい」と話した。

 横浜スタジアムは東京五輪の主会場となる。日本協会の宇津木妙子副会長は「五輪のリハーサルになる。最高の試合をしてくれると思う」と期待を込めた。日米対抗戦は3試合行われ、23、24日に仙台市のシェルコムせんだいで、25日は横浜スタジアムで実施される。 

最終更新:4/17(月) 17:44

時事通信