ここから本文です

<カラス死骸>神戸でまた発見 頭部から背中に切り傷

毎日新聞 4/17(月) 20:33配信

 16日午前7時ごろ、神戸市須磨区の私立高校グラウンドで、後頭部から背中にかけて切り傷があるカラスの死骸が落ちているのを男子生徒が発見した。切り口が直線で人為的に切ったとみられることなどから、兵庫県警須磨署は何者かが死骸を持ち込んだ可能性があるとして、建造物侵入などの疑いで調べている。

 近くの市立中学校の敷地内では9日、カラスの頭部が木の枝に刺さった状態で見つかった。2件の関連は不明で、同署は警戒を続ける。【黒川優】

最終更新:4/17(月) 20:39

毎日新聞