ここから本文です

荒川「イナバウアー」モニュメントに感激「光栄」

スポニチアネックス 4/17(月) 7:01配信

 ◇モニュメント除幕式

 羽生と06年トリノ五輪女子金メダルの荒川静香の偉業を称え、ガラスのモニュメントが2人の地元の宮城県仙台市に設置された。

 ソチ五輪のSP「パリの散歩道」のフィニッシュポーズと、荒川の代名詞となった「イナバウアー」が等身大のシルエットで描かれ2つ合わせて制作費は500万円。羽生は「後世に記録として残るのはありがたい」と笑みを浮かべ、荒川も「光栄」と感激の面持ちだった。

最終更新:4/17(月) 7:01

スポニチアネックス