ここから本文です

日本代表 流主将ラグビーで“故郷”熊本に元気を

スポニチアネックス 4/17(月) 7:01配信

 今月開幕するラグビーのアジア選手権で、若手中心の日本代表の主将を務めるSH流大(ながれ・ゆたか)=サントリー=が16日、熊本市を訪れ、地元の小中学生約70人と交流した。鬼ごっこや、タックルなしのラグビーで汗を流し「いろんな思いがあってここに来た。子供たちは元気で、僕も元気をもらった」と笑顔で話した。

 福岡県出身で24歳の流は、熊本・荒尾高=現岱志(たいし)高=出身。地震直後は熊本の友人としばらく連絡がつかなくなるなど、不安な日々を過ごした。所属するサントリーでは、シーズンオフの今年2月、流や選手が嘉島町と益城町の小学校を訪れ、ラグビー教室を開催し、被災した子供たちを元気づけている。

 6月10日には熊本市のえがお健康スタジアムでルーマニア代表とのテストマッチが行われる。流は「熊本は僕の故郷。その試合に出られるように頑張りたい」と意気込んだ。

 熊本市は2019年に日本で開催される、ラグビーW杯の会場にもなっている。

最終更新:4/17(月) 7:01

スポニチアネックス