ここから本文です

小倉智昭氏、アジア選手権Vの平野美宇を称賛「攻撃力がものすごくついてきた」

スポーツ報知 4/17(月) 8:46配信

 フリーアナウンサーの小倉智昭氏(69)は、17日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で、15日にアジア選手権で初優勝した平野美宇(17)=エリートアカデミー=を称賛した。

 世界ランク11位で全日本女王の平野は、女子シングルス決勝で同5位の陳夢(中国)を3―0で破り初優勝を果たした。日本勢の同種目優勝は1974年の枝野とみえ、96年の小山ちれに続き3人目の快挙。

 準決勝で同2位の朱雨玲に3―0。準々決勝でリオデジャネイロ五輪金メダルの同1位・丁寧(中国)に3―2で競り勝ち、最強中国勢を3連破した。

 小倉氏は「事実上の世界選手権といっていいアジア大会で優勝しました」と平野の快挙を紹介し、試合のVTRを振り返り「もともと、守りの堅い選手だったんですが、攻撃力がものすごくついてきた。卓球は男女とも強くなりましたね。楽しみです」と快進撃を分析し、2020年東京五輪へ向けての期待を口にした。

最終更新:4/17(月) 9:44

スポーツ報知