ここから本文です

山道走って足腰強化=阿部「いいトレーニング」―柔道男子

時事通信 4/17(月) 20:43配信

 柔道の全日本男子強化合宿が17日に公開され、選手らが神奈川県秦野市の弘法山を走るトレーニングで汗を流した。

 普段はハイキングコースとして親しまれている山道を、全力で駆け上がる練習は過酷そのもの。選手たちは息を切らしながら頂上へたどり着き、その後も坂道ダッシュを繰り返して足腰を鍛えた。世界選手権(8月28日開幕、ブダペスト)66キロ級代表の阿部一二三(日体大)は「初めてできつかったが、いいトレーニングになった」。

 山道のランニングは、近くにキャンパスがある東海大柔道部の伝統。全日本男子も、畳の上では味わえない新鮮さを味わうことを目的に定期的に実施している。大学OBでもある井上康生監督は「ひいひい言いながら走ったのを思い出した。きつかったと思うが、選手は明るく元気にやっていたのでよかった」と笑顔で話した。 

最終更新:4/17(月) 20:49

時事通信