ここから本文です

<政活費不正>民進の島根県議140万円 引責辞職へ

毎日新聞 4/17(月) 23:57配信

 民進党島根県連代表の和田章一郎県議(69)が、業者に作成させた虚偽の領収書を県議会に提出し、2013年度からの3年間で、不正に政務活動費140万円を受け取っていたことが分かった。全額返還する意向。和田県議は17日、記者会見し、「責任を取って議員を辞する」と述べた。

 政活費の収支報告書などによると、和田県議はバイオマス発電などに関する調査を、同県出雲市内のコンサルタント業者に委託したとして領収書を県議会に提出。13年度に50万円、14年度に30万円、15年度に60万円の政活費を受け取っていた。

 和田県議によると、業者に350万円の貸し付けがあり、「返済してもらうため領収書を記入してもらった」と説明。委託したとする調査については「全く実施していないという話ではない」とする一方、調査費用の支払いはしていないという。

 和田県議は現在4期目で、13年から県連代表を務めている。【長宗拓弥】

最終更新:4/18(火) 10:30

毎日新聞