ここから本文です

「笑点」16・3% 前週から0・3ポイント下降

スポーツ報知 4/17(月) 11:09配信

 16日放送の日本テレビ系演芸番組「笑点」(日曜・後5時半)の平均視聴率が16・3%だったことが17日、分かった。

 大相撲春場所千秋楽で新横綱・稀勢の里(30)が奇跡の逆転優勝を飾った3月26日はNHK総合の大相撲中継が24・4%の高い数字を記録。そのあおりを食った「笑点」も同番組としては非常に珍しい1ケタ、9・6%に急落したが、大相撲終了後の4月2日放送回では17・4%まで急上昇。その後、16・6%、今回と好数字を維持している。

 「笑点」は視聴率20%を上回ることも多い人気番組。林家三平(46)が大喜利新メンバーとしてお披露目され、林家たい平(52)が夏放送の同局系「24時間テレビ39」のチャリティーマラソンランナーを務めることが発表された昨年5月29日放送回では歴代最高を6年半ぶりに更新する28・1%を記録している。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

最終更新:4/17(月) 11:09

スポーツ報知