ここから本文です

【巨人】支配下契約の篠原「これから必要とされる戦力になっていきたい」

スポーツ報知 4/17(月) 13:47配信

 支配下契約を結んだ巨人・篠原慎平投手(26)が17日、熊本市内のホテルで会見を行った。堤GMと高橋監督とともに会見に臨んだ右腕は「やっとここまで来たと思うけど、ここがゴールじゃない。これから必要とされる戦力になっていきたい」と意気込んだ。

 育成から3年目でつかんだ1軍の登板について「育成から上がって来て、守るものも恐れるものもない。ビビらず、自分の力を出せるように頑張りたい」と気合十分。また対戦したい打者にはヤクルト・山田の名を挙げた。

 篠原は最速153キロの直球とスライダー、フォークが武器。昨季のイースタン・リーグでは16試合で2勝0敗1セーブ、防御率1・71をマーク。昨オフには台湾ウィンターリーグに参加して奪三振王を獲得した。今季はイースタンで、ここまで開幕9試合連続無失点。手薄な右の救援投手として期待される。

 ◆篠原慎平(しのはら・しんぺい)

 ▼生まれとサイズ 1990年6月13日、愛媛・四国中央市生まれ。26歳。186センチ、97キロ。右投左打

 ▼球歴 川之江高2年夏に県大会4強入りに貢献も中退。今治精華高通信制課程松山校に通いながら、08年に独立リーグ・四国IL愛媛入り。13年からは同・香川でプレー。14年育成ドラフト1位で巨人に入団。

 ▼好きな言葉 「雲外蒼天(うんがいそうてん)」。困難を乗り越え、努力して克服すれば快い青空が望めるという意味。青島神社の絵馬に記した。

 ▼体作り 趣味はトレーニング、ジム巡り。10年12月に右肩関節唇断裂の手術を受け、その後トレーニングで25キロの増量に成功。

 ▼サプリメント 試合前、トレーニング前後、食後など全部合わせると10~15種類ほどを摂取。健康にも気を使い、日々の努力を怠らない。

最終更新:4/17(月) 17:55

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/28(金) 3:55