ここから本文です

剛力彩芽、新ドラマで女囚役「難しさもあるけど挑戦できることがうれしい」

スポーツ報知 4/17(月) 15:47配信

 女優の剛力彩芽(24)が主演するテレビ朝日系ドラマ「女囚セブン」(21日スタート、金曜・後11時15分)の製作発表が17日、東京・六本木の同局スタジオで行われた。

 冤罪(えんざい)の殺人罪で刑務所に送られた謎多き京都の芸妓(げいこ)・神渡琴音(剛力)を始め、個性タップリの女囚7人による刑務所群像コメディー。この日はドラマの囚人服と同じピンク色の衣装で特設ランウェーを歩き、報道陣を魅了した。

 剛力は「経験したことのない新しい役。難しさもあるけど挑戦できることがうれしい。悩みながら演じてます」と意気込み。これまでに経験した史上最大級の女子バトルを聞かれると、母親とのケンカをあげ「小学生の時、言い争いになって、母が『やるか?』、私が『やるよ』と本気の取っ組み合いのケンカをした。さすがに小学生の時は負けましたけど。今では母と、なんでしたんだろうね、と話してます」と明かしていた。

 内容に合わせこれまでに犯した小さな罪を聞かれると、橋本マナミ(32)は「断捨離にはまっているけど、前にお付き合いしていた方のものを捨てようと思ったら捨てられなくて…売ったら高く売れました」と舌を出して笑わせていた。

最終更新:4/17(月) 15:47

スポーツ報知