ここから本文です

【NBA】J.ハーデン37得点、ロケッツがサンダーとのPO1回戦に先勝

ISM 4/17(月) 16:32配信

 現地16日、ヒューストン・ロケッツ(第3シード)対オクラホマシティ・サンダー(第6シード)のウェスタンカンファレンス・プレーオフ1回戦第1戦が行われ、ホームのロケッツが118対87で圧勝した。

 ロケッツは、64対62の第3Q残り約8分半から9点を連取してリードを2ケタに乗せると、第4Q残り約7分からはジェームズ・ハーデンを中心に10対0のランを仕掛け、110対80の30点差までサンダーを突き放した。

 ハーデンが37得点、9アシスト、7リバウンドでチームをけん引。パトリック・ビべリーがシーズンMVP最有力候補のラッセル・ウェストブルックをマークしながら、プレーオフ自己最多の21得点、10リバウンドを記録した。

 ハーデンは、ビべリーの活躍について「これこそ俺たちがこの場に立っている理由。彼は全ての試合で奮起してくれる」とコメント。サンダーのビリー・ドノバンHCも、「彼がこの試合にインパクトを与えていた。そのエネルギー、努力、頑張り、ルーズボール争い、オフェンスリバウンド、ボールを守ることでね。それらで素晴らしい活躍を見せていた」と敵将ながら脱帽していた。

 サンダーでは、ウェストブルックが22得点、11リバウンド、7アシストをマークするも、フィールドゴール(FG)23本中6本の成功に終わり、9ターンオーバーを喫した。また、今シーズンはチームのリバウンド数でリーグ1位だったサンダーだが、この日は41対56とロケッツを大きく下回った。

 なお、第2戦は19日に引き継ぎロケッツの本拠地トヨタセンターで行われる。(STATS-AP)

最終更新:4/17(月) 16:32

ISM