ここから本文です

大相撲が初めてお台場にやって来る 夏巡業8月開催

オリコン 4/17(月) 14:20配信

 フジテレビが社屋を東京・お台場に移して20周年を迎えた記念に、日本相撲協会の協力のもと、『大相撲ODAIBA場所2017』が8月23日・24日に開催される。お台場で大相撲の巡業が行われるのは今回が初。力士たちの素顔や魅力に触れられる楽しさ満載の巡業を目指す。

【画像】『ベルばら』が「懸賞幕」を出して話題に

 臨海副都心青海R地区に4500人を収容するテントを張り、「昭和の巡業」を彷彿とさせる屋外巡業を敢行。関取たちによるけいこに始まり、人気力士による握手会、相撲講座が開催される予定だ。取組は幕下力士から十両、幕内力士まで行われ、本場所同様に十両、幕内力士による土俵入りや横綱土俵入りが行われる。

 取組のほかにも、本場所では見ることのできない初切(しょっきり)、相撲甚句、櫓太鼓打分(やぐらだいこうちわけ)などが予定されており、奥深い相撲の魅力を肌で感じられるさまざまな工夫も凝らしていく。

 また、巡業の目玉の一つとして、力士たちからの要望も多かった、古き良き時代の巡業の風物詩であった“ちゃんこ”を20数年ぶりに復活させることも決定。巡業での“ちゃんこ”を知らない若い力士たちのためにOBにも参加してもらい、一門別に“ちゃんこ”を作り、ファンにふるまう飲食スペースも設ける。

 19年ぶりに誕生した日本出身力士の横綱で、2場所連続優勝を果たした稀勢の里のほか、白鵬、日馬富士、鶴竜ら四横綱を筆頭に、個性あふれる力士たちの活躍で、本場所では連日「満員御礼」の垂れ幕が下がり、「若貴時代」を彷彿とさせるほど、関心が高まっている大相撲。力士らのファンサービスや会場飲食店の充実、特典付きチケット販売、SNSを使ったPR活動などが実を結び、「スージョ」と呼ばれる女性ファンや若いファン、外国人客も年々増加。往年のファンも新参者もコアファンもライト層も楽しめる夏巡業になりそうだ。

■開催概要
フジテレビお台場移転20周年記念 大相撲夏巡業『大相撲ODAIBA場所2017』
開催日時:8月23日 正午~/8月24日 午前8時~
会場:お台場特設会場(臨海副都心青海R地区)
入場定員:4500人(2日間9000人)
チケット発売:4月23日より抽選先行受付開始、6月4日午前10時より一般発売開始

最終更新:4/17(月) 14:20

オリコン