ここから本文です

杉並女性遺棄 「床下で刺した」逮捕の男が供述

産経新聞 4/17(月) 13:53配信

 東京都杉並区清水の無職、上田美恵子さん(62)が自宅床下から遺体で見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された青木啓之(ひろし)容疑者(52)=埼玉県鶴ケ島市市上広谷=が、「馬乗りになって殴り、床下に運んで包丁で刺した」と供述していることが17日、警視庁荻窪署捜査本部への取材で分かった。

 捜査本部によると、青木容疑者は1月11日午後、リフォームの契約を断るため上田さん方を訪問。その際、サービスで玄関のドアの修理を頼まれたが直せず、「罵声を浴びせられてかっとなり、馬乗りになって何度も殴った」と説明。さらに、上田さんの顔や手足をそばにあった粘着テープで縛って台所の床下に運び、「まだ動いている感じがしたので、台所にあった包丁で刺した」と供述しているという。

 捜査本部は突発的な犯行とみて、殺人容疑でも調べる。

最終更新:4/17(月) 14:21

産経新聞