ここから本文です

巨人・長野と立岡が熊本・益城町の小学校訪問 野球部の児童らとキャッチボール

サンケイスポーツ 4/17(月) 19:02配信

 巨人は18日に行われるヤクルト戦(熊本・藤崎台県営野球場)に向け、17日に熊本へ移動した。午前中には長野久義外野手(32)と立岡宗一郎外野手(26)が球団による社会貢献活動「G hands」の一環として、昨年4月の熊本地震で甚大な被害を受けた熊本・益城町の飯野小学校を訪問した。

 九州出身の2人は3年生から6年生の約80人との質疑応答や、野球部の男子児童らとキャッチボールなどで交流。昨年末には同・南阿蘇村にも復興支援に訪れた長野は「パワーをもらいました。少しでも力になれることがあれば、やっていきたい」と話した。

 運動場には震災後に建てられた仮説住宅が並び、児童を含む被災者が現在も暮らしている。熊本・芦北町出身で、益城町にグラウンドがある鎮西高からプロ入りした立岡は「1年がたったとはいえ、以前の生活を送っていない方もいらっしゃる。野球の力を使って、いいニュースを九州に届けたい」と神妙に語った。

最終更新:4/17(月) 19:09

サンケイスポーツ