ここから本文です

菅田将暉、野村周平が生徒会に!? イケメン俳優“総選挙”、あなたは誰に投票する?

dmenu映画 4/17(月) 14:10配信

4月29日より公開の『帝一の國』は、古屋兎丸の人気コミックを実写化した、学園内の権力闘争を描くコメディ。学園といっても、そこで生徒会長を務めた者が将来の内閣入りを確約されるという、政財界に強力なコネをもつエリート名門校が舞台です。総理大臣を夢見る帝一と、“謀略の男”、“正義の男”などさまざまなタイプのライバルたちが、生徒会選挙へ向けて激しいバトルを繰り広げます。
そのユニークなストーリーはもちろん、同作では、旬のイケメン俳優たちが集結していることにも注目! 俳優としての意外なエピソードを交えつつ、華やかなキャスト陣を紹介します。

【画像】菅田将暉の赤髪、金髪、オールバックな姿

「野心の男」菅田将暉…高校時代はアメフトと数学で“勝つ“!

主人公の帝一は、有力者の靴を舐めたり切腹の真似をしたりと、トップに立つためならどんなこともやってのける野心家。そんな帝一を演じるのは、ここ数年で映画・ドラマに立て続けに出演して凄まじいブレイクぶりをみせている菅田将暉。原作ファンであった彼が「この役は自分が演じるためにあるんじゃないかと感じていた」とコメントしたのも頷けるほど、菅田も学生時代、かなり熱い人物だったようです。
2015年に「高校生新聞」のインタビューを受けた際は、所属していたアメフト部のことや、学業について語っています。部活では「忍耐力や精神力を培った」といい、試合に勝つために、腕が動かなくなるまで練習に励んだそう。また、得意だった数学については、好きになる秘訣を「RPGをクリアするように問題を解くこと」とし、「足し算や掛け算といったアイテムをうまく使えば、問題という強敵を倒せる!」と熱弁を振るっていました。

「謀略の男」野村周平/「支配の男」間宮祥太朗…過去共演で密通済み!?

スパイばりの情報網をもって人の足を引っ張る、ぱっつん前髪+メガネの東郷菊馬と、大富豪育ちで圧倒的支配力をもつ金髪の氷室ローランド。この強烈なキャラを演じるのは、野村周平(東郷役)と、間宮祥太朗(氷室役)です。2人は、本作と同じ古屋兎丸原作の『ライチ☆光クラブ』(2016年)でも共演済み。同作の舞台挨拶で、間宮は「周平はいたずらっ子」と評し、「僕の部屋でお酒を飲んだとき、僕の胸で寝てしまった周平が『祥太朗、いい匂いする』って言ったのを聞いて。すっごくかわいかった」といったプライベート秘話も告白。ファンが激萌えしそうな話ですが、本作共演でその仲をさらに深めたのかどうか、気になるところです!

1/2ページ

最終更新:4/18(火) 10:41

dmenu映画