ここから本文です

工場誘致と観光客数アップに固執する残念な地方創生

4/17(月) 7:30配信

ニュースイッチ

勘、思い込み、経験、思いつきで失敗する

 残念な地方創生について書きたいと思います。それは「個々(KOKO)」の取り組みです。全体像を捉えずに各プレイヤーも連携せずに個別バラバラという意味と、勘、思い込み、経験、思いつき、のそれぞれの頭文字をとったKOKO(個々)という意味です。

 自治体が取り組む施策にはたくさんのKOKOの取り組みがあります。イメージしやいところでいくと、ゆるキャラやPR動画がこれに当たります。

 ご当地ゆるキャラを作ることが地方創生につながるのか。PR動画を作ることが住民にどのようなメリットになるのか。例えば、移住促進PR動画を公開したところ瞬く間に話題になり、再生回数は100万回を超え、全国放送でも何回も取り上げられた自治体があります。

 では、その後、移住者の数に変化はあったのでしょうか?統計を見る限りは影響はほとんどありません。というか、実際は動画を公開する前よりもその自治体への転入者は減少しています。

 作られた動画のクオリティーはとても高かったし、面白い仕掛けもされていて、つい何度も見てしまいます。動画の再生回数を増やす、という観点からすると本当に素晴らしい大成功だったと思います。

 ただ、これはあくまで動画のできが素晴らしかっただけであり、移住には今のところつながっていません。移住者を増やすために設定した課題が移住PR動画をバズらせる、ということの是非から検証する必要があります。

 全国の自治体がこぞってPR動画を作っていますが、動画がたくさん再生されてPRできれば移住者が増える、という「勘」とか「思いつき」からできた施策といえるでしょう。

 その他にもKOKOの施策はあります。観光客数を増やす、工場の誘致もその例です。観光客を増やしても、工場を誘致しても地域の活性化になるとは限らない、と言われると意外に思われる方もいると思います。しかし、これも「観光客が増えれば地域が活性化する」「工場を誘致すると地方創生につながる」という思い込みがあるからこそ、意外に感じるのです。

 ではなぜ観光客数を増やしても地域の活性化につながるとは限らないのか。活性化の定義をどうするかという論点もありますが、ここでは「人口ピラミッドをドラム缶状にする」ことを活性化とします。

 人口ピラミッドの歪みを整えることで、その地域の持続可能性を高めます。例えば、年間2000万人の観光客が訪れ、たびたび人気の温泉地ランキングでもトップに輝く箱根温泉がある箱根町。平日でも箱根湯本駅周辺はたくさんの観光客で賑わっています。

<箱根は人口流出が神奈川県でトップ>

 ではさぞかし箱根町は活性化しているのだろう、と思って人口動態を見てみると、中学、高校を卒業した若者がどんどん町外に流出しています。箱根町の人口流出率は神奈川県でトップ。ものすごい勢いで若者が流出し、戻って来ません。

 この背景は観光産業が地元経済への波及効果を産んでいないことが要因として挙げられます。年間2,000万人の観光客が来て、温泉を楽しみ、飲み食いをして、宿泊するわけですが、食事は町外の食材が使われ、東京資本のホテルに泊まり、新宿本社の小田急電鉄のロマンスカーで往復する。

 それではせっかく箱根で消費されたお金がすぐに町外に流出してしまい、結果としてその他の産業に波及せず、雇用が生まれないため、若者が町外に流出していくのです(箱根で働く人の多くは町外から勤務しています)。

 つまり、本当に観光で雇用を作り地方創生につなげるのであれば、観光客数だけでなく、一人あたりの消費単価、域内調達率(顧客に提供された商品・サービスがどれくらい域内で付加価値が付けれられているか)の3つの因子を見ることが大事になるのです。観光客がが増えれば活性化するんだ!というのはまさに思い込みや経験の類の思考です。

1/2ページ

最終更新:4/17(月) 7:30
ニュースイッチ