ここから本文です

17歳ボンドロウソバがツアー初優勝 [ビール/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 4/17(月) 12:01配信

 スイス・ビールで開催された「ビール ビエンヌ女子オープン」(WTAインターナショナル/4月10~16日/賞金総額25万ドル/室内ハードコート)のシングルス決勝で、予選勝者のマルケタ・ ボンドロウソバ(チェコ)がアネット・コンタベイト(エストニア)を6-4 7-6(6)で下して初のWTAツアー・タイトルを獲得した。

36歳のスキアボーネがキャリア通算8勝目「引退についてはあまり考えていないわ」 [クラロ・オープン・コルサニタス]

 17歳のボンドロウソバは36歳のフランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)がコロンビア・ボゴタでウィナーとなった数時間後に初タイトルを獲得。スキアボーネはボンドロウソバが1999年6月に生まれる前に、母国イタリアのWTA大会でプレーしていた。

 世界ランク233位のボンドロウソバは世界99位のコンタベイトが彼女のパワフルなグラウンドストロークに押されてフォアハンドをネットにかけた瞬間に、今回が第1回大会となったスイスの室内ハードコート大会の初代優勝者となった。

「キャリア最大の勝利よ。私はこれまでは主に小さな大会でプレーしていたから」とボンドロウソバ。「これは私が出場した数少ない大きな大会のひとつなの。昨年は左肘を故障してフィットネスレベルを上げるためのエクササイズを大いに行ったけれど、それがコート上での動きをよくする助けとなったの」。

 ボンドロウソバは予選3試合を勝ち抜いたあと、本戦に入ってからは一度もセットを落とさなかった。

 左利きのボンドロウソバは日曜日の決勝で自分のサービスゲームで起きていたダブルフォールトの問題を克服してコンタベイトが手にした14度のブレークポイントのうち13度をセーブしただけでなく、第2セットのタイブレークで直面した2度のセットポイントをもしのいでみせた。

 ボンドロウソバは来週末、アメリカ・フロリダ州のサドルブロックで行われるフェドカップ・ワールドグループ準決勝「チェコ対アメリカ」戦に出場するため、欧州をあとにする。彼女は今回、前年度優勝国チェコの一員なのだ。

 一方、今大会のダブルスは、第2シードのシェイ・スーウェイ(台湾)/モニカ・ニクレスク(ルーマニア)がティメア・バシンスキー/マルチナ・ヒンギス(ともにスイス)を5-7 6-3 [10-7]で破り、第1回大会のチャンピオン・ペアとなった。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: Marketa Vondrousova of Czech Republic reacts after winning her semi final match against Barbora Strycova of Czech Republic, at the WTA Ladies Open tennis tournament in Biel, Switzerland, Saturday, April 15, 2017. (KEYSTONE/Peter Klaunzer)

最終更新:4/17(月) 12:01

THE TENNIS DAILY