ここから本文です

あすにかけて春の嵐 暴風・高波・大雨に警戒

ウェザーマップ 4/17(月) 5:06配信

 きょう(17日)からあす(18日)にかけて日本付近では低気圧が急速に発達し、西日本から北日本の広い範囲で風や雨が強まって、大荒れの天気となる。暴風や高波、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒・注意が必要だ。

きょう昼過ぎから暴風に警戒

 前線を伴った低気圧があすにかけて急速に発達しながら日本海を進むため、西日本から北日本の広い範囲で、きょうの昼過ぎから海上を中心に非常に強い風が吹き、海はしける見込み。あすにかけて暴風や高波に警戒・注意が必要となる。

≪予想最大瞬間風速≫(あすにかけて)
近畿、北海道、四国、関東甲信、北陸 35メートル
九州、東北、中国、東海 30メートル

≪予想される波の高さ≫(あすにかけて)
四国、近畿、北陸、関東甲信、東北、北海道 5メートル
九州北部、東海 4メートル
九州南部・奄美、中国 3メートル

あすにかけて大雨 雷や突風にも注意

 午前5時現在、西から発達した雨雲が近づき、九州では既に雨が降りはじめているが、このあと更に雨脚が強まって、西日本ではきょうからあすの未明にかけて、東日本ではあすの未明から明け方にかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る見込み。あすにかけて大雨となるおそれがあるため、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意が必要だ。また、落雷や竜巻などの激しい突風の吹くおそれもある。

≪予想降水量≫(あす午前6時にかけて、いずれも多いところ)
四国 250ミリ
近畿、東海 200ミリ
九州 180ミリ
関東甲信 150ミリ
沖縄、奄美、北陸 120ミリ
中国地方 100ミリ

※九州北部地方(山口県を含む)…山口県、福岡県、大分県、佐賀県、熊本県、長崎県
九州南部・奄美地方…宮崎県、鹿児島県

最終更新:4/17(月) 5:06

ウェザーマップ