ここから本文です

働く保護者必見!仕事と子育ての両立5つのコツ

4/17(月) 12:02配信

ベネッセ 教育情報サイト

家事、仕事、お子さまの世話……子育てをしながら働く保護者は大変です。やるべきことをこなしながら、毎日をうまく回していきたいですよね。
そこで今回は仕事と子育ての両立をするコツを5つご紹介しましょう。ぜひ参考にしてみてください。

【コツ1】パートナーや家族に上手に頼ろう

子育てと仕事を両立する際には、パートナーや家族の協力が重要になってきます。以下で具体的に見ていきましょう。

◆パートナーや家族と協力する
パートナーや家族とは、「子育てを最優先する」という共通意識をもっておきましょう。お互いに気兼ねなく協力し合えるようになります。
家事や子育ての分担は「緩やかに」を心がけましょう。分担やスケジュールをがっちり固めてしまうと、そのとおりにいかなかったときにストレスがたまってしまいます。臨機応変にすることがコツです。
またパートナーの職場でも、子育てをしていることに対する理解を得ておくことが望ましいでしょう。たとえばお子さまが突然熱を出したときは、どちらかが有休をとって看病する必要があることが多いかと思います。その際パートナーもスムーズに看病に向かえるよう備えておいてください。

【コツ2】家庭内でルールを作っておく

パートナーや家族と協力する上で、家庭内でのルールを作っておきましょう。臨機応変に対応できるよう役割分担は緩やかにすると言っても、最低限基本のルールは決めておきましょう。曜日ごとに誰が迎えにいくのか、誰に協力を頼むことができるのか、などをパートナーや家族を含め、共有しておくことが大切です。
また、保育園を選ぶ際に通勤ルートと照らし合わせて考える、送迎バスの停留地点に合わせて通勤ルートを調整するなど、小さな工夫も必要です。
特にお子さまが急に体調を崩した場合などは、自分とパートナーどちらが対応しやすいか、話し合っておきましょう。どちらかに負担がいく場合が多いかもしれませんが、午前と午後でそれぞれが半休をとって対応する、もし近くに自分かパートナーの両親などがいる場合は一時的に手伝ってもらうなど、それぞれの家庭環境に合わせた対応の仕方を決めておきましょう。

1/3ページ