ここから本文です

電車のつり革、クチャラー、魚の目……。私が「生理的に絶対ムリ!」なもの

TOKYO FM+ 4/17(月) 11:30配信

もしも誰かに、面と向かって「生理的に絶対ムリ!」と言われたら……「あなたのこの部分が嫌なの」と言われるよりもショックを受けてしまいますよね。理由が説明できない、でもとにかく不快。ほかの人は大丈夫でも、自分にとっては鳥肌が立つほど嫌なもの……。誰にでも、そういったものはあると思います。あなたが「生理的に絶対ムリ」なものは何ですか? TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」の4月12日の生放送では、パーソナリティをつとめる、たかみなが、「私が『生理的に絶対ムリ!』なもの」に寄せられたメッセージについて答えてくれました。

◆最もよく耳にするのが、「食事中」の「生理的にムリ」なこと。

アンケートや番組リスナーの意見で多かったのが、食事中のこんな音。

「クチャラーだけはムリです。マナーとしてそれはないな、と。必要以上にクチャクチャと音を立てて食べられるのは、本当にムリ。一緒に食事に行くのはキツい」(20代・女性)

「食べるときにクチャクチャ音を立てて食べる人。いくらカッコいい人でもムリです、残念すぎます。ガツガツはいいんです。クチャクチャがムリなんです!」
「これは、わかる人は多いのでは?」と、たかみな。生理的に、といった話題になると必ず最初に出てきますよね。

「食べたものが口に入っているのに、大きく口を開けて笑ったり、しゃべったり。咀嚼物が見えるし、まわりに飛び散るし! 絶対に嫌です!」(30代・男性)

「箸を舐める人。父親がそうでした。悪気はないんでしょうが、うわーって思います。一度見てしまうと、食事中もずっと気になっちゃって。思春期に本当に嫌だったので、大人になった今でも箸を舐める人を見るとゾゾッとします」(40代・女性)

食事中に嫌な行動を見てしまうと、自分の食欲も低下してしまいます。気にしすぎるのも問題ですが、なるべくほかの人の不快にならないマナーを心がけたいものです。


◆次に、「キレイ好き」の人が感じてしまう「生理的にムリ」。

「電車のつり革がムリです。誰が触わったかもわからないものを、よくみんな平気で触れるなと思う。男性が、くしゃみを抑えたその手でまたつり革を持っているのを見てしまってから、本当に触われなくなりました。私は市販の専用グリップを使っています!」(30代・女性)
これには、たかみなもビックリ。「えっ、専用グリップ!? そんなものがあるんですか? 目の前の人がそれを取りだしたら結構ビックリするなぁ(笑)。潔癖というか、人が触ったものがムリということなんでしょうか……」とコメント。

「エレベーターのボタンが触われない。自分でもちょっと気にしすぎかなとは思うけど、やっぱり不衛生。手袋をしたり、鞄で押したりと素手では触らないようにしています」(40代・男性)

番組リスナーからは、こんな意見も。
「飲食店などで、お箸がまとめて置いてあるのが気になります。誰が触ったかもわからないもので食べ物を食べると思うと、正直、食欲が少しなくなります……」

ほかにも公共のトイレの便座や、カラオケボックスのマイクなどに触われないというのも、よく聞く話。行きすぎると、「潔癖症」とも言われてしまうキレイ好きな人たち。公共のものを使うときには、なかなか苦労が多いかもしれません。


◆「音」や「視覚的なもの」に敏感な人もいます。

「歯医者さんのキーンっていう音が本当にダメ。自分の治療中の音どころか、ほかの人の治療の音もダメなんです。だから歯医者さんに行くときは、耳栓をしていきます。」(50代・女性)
「これは確かに、嫌いな人多いですよね。私もあんまり好きじゃないですね。黒板のキーって引っ掻くような音が苦手な人も多いのでは」と、たかみな。

「魚の目が生理的にムリです……。子どもの頃に栄養があるからとさんざん食べさせられたからか、生物をいただくときに見られているように感じるからなのか。うまく説明ができないのですが、とにかくムリです。特に生シラスに関しては『目の集合体』としか思えません! あ~考えただけでもゾワゾワする!」(40代・女性)

「ブツブツを見るのが苦手。たとえばイチゴの種のブツブツとかも、ずっと見ているのはムリです。あと焼き鳥の皮とか、自分の鳥肌も直視できないんです」(20代・男性)

こちらも過剰になると「恐怖症」になってしまいそう。理由はわからないけれど嫌悪感を感じるのは不思議ですが、言われてみるとどれも好ましくはありませんね。

「鳥が嫌いなんです。あのクチバシ、あの目、そしてなんといっても脚が生理的にムリ。特にニワトリがダメで、手羽先などは原型がわかる感じで食べられません」(40代・男性)

昆虫や爬虫類ならわかりますが、鳥、しかも食べる鶏もムリとはなんだか可哀想ですが、こちらもよく聞く話です。ちなみに、たかみなの「生理的にムリなもの」は「ムカデ」。「足の動きが波打つ感じが本当にダメ! ムカデだけは理解ができない!」と言っていました。


◆また、こんな「行為」が、「生理的にムリ」という人もいます。

「電車の中などでよく耳にする、鼻水をズズッとすする人。それ、鼻水飲んでない?と思って。隣でずっと、ズズッズズッっとすすられ続けると、なぜかまないのかと毎回不快になる(笑)」(50代・男性)

「自分の飲み物や食べ物に、『ひと口ちょうだい』と他人に口をつけられるのが嫌です。家族でも人の唾液は気になります。会社の飲み会で鍋が出てきて直箸でつついている人がいたら、もうアウト。絶対に箸をつけません」(40代・女性)

「人とキスをするのがムリです! 雑菌が、雑菌が!って思っちゃいます(笑)。ほっぺにチュッとかならいいけど……。虫歯とか歯周病とかうつりたくないし、どんなにイケメンでもムリ!」(20代・女性)

こうした例も潔癖症に近いものかもしれません。ですがキスが生理的にムリ、という人は意外と多くいるようです。


なんだかこうして聞いているだけで、次に同じ場面に遭遇したときに以前より気にしてしまいそう。今まで気にしていなかったものも、ある日突然「ムリ」になることがあるのかもしれません。でも、ダメなものが多い人はそれだけで日々が大変そうです。「生理的にムリなもの」の少ないほうが、人生は楽に過ごせるのかもしれませんね。

(TOKYO FM「高橋みなみの『これから、何する?』」)

最終更新:4/17(月) 15:24

TOKYO FM+