ここから本文です

【動画解説】低気圧が急速に発達 暴風・大雨・暑さに警戒

4/17(月) 13:01配信

ウェザーマップ

 17日から18日にかけては低気圧が急速に発達するため、全国的に荒れた天気になるおそれがあります。特に関東では18日朝の通勤通学の時間帯が荒天のピークとなりそうです。

 17日から18日にかけては日本海にある低気圧が急速に発達します。等圧線の間隔も狭く、沿岸部を中心に暴風に警戒が必要です。また、南から雨雲のもとになる暖かく湿った空気が勢いよく流れ込むため、大雨にも警戒してください。

 西日本では17日の午後が雨や風が強まるピークの時間帯となりそうです。一方、関東など東日本や北日本では18日朝の通勤通学の時間帯にピークというところが多くなります。交通機関に影響が出るおそれもありますのでお気を付けください。

 また、18日は南風の影響で気温も高くなります。関東の群馬県や埼玉県では30℃近くまで上がるところもあるでしょう。雨や風だけでなく、暑さにもご注意ください。(気象予報士・河津真人)

最終更新:4/17(月) 13:01
ウェザーマップ