ここから本文です

アストンマーティン、イギリス空軍「レッドアローズ」をモチーフにしたヴァンキッシュ特別モデルを限定発売

オートックワン 4/17(月) 11:23配信

アストンマーティンによる最新のQ by Aston MartinモデルであるヴァンキッシュS レッドアローズエディションが発表された。

【画像】ヴァンキッシュS レッドアローズエディションの写真

ヴァンキッシュS レッドアローズエディションは、イギリス空軍のアクロバットチーム「レッドアローズ」からインスピレーションを得て、アストンマーティン・ケンブリッジにより10台限定で発売される。

特別デザインと手作業で丁寧に造り込まれたインテリア、さらに航空機を連想させるグラフィックを備えるなど、レッドアローズの高度な飛行技術と俊敏な動きを象徴するモデルとなっている。

ヴァンキッシュS レッドアローズエディションのボディカラーは、鮮やかな「エクラレッド」とした。これはレッドアローズは乗るホークのユニフォームカラーを反映しているとともに、チームのモットーである”Eclat”(フランス語で「閃光」の意)にちなんだ。

ホワイトとブルーにペイントされたカーボンファイバー、サイドストレーキに設置されたホワイトの「スモールトレイル」といったディテールも、クルマのダイナミックなボディワークとインテリアをさらに強調している。

カーボンファイバーが露出したルーフパネルには、高速ジェット機のキャノピーデザインを真似た「チャージ」パターンが取り入れられており、そのほか、ユニオンジャックを表したエナメルウイングバッジやチタン製エグゾーストなども、エクステリアのハイライトになっている。

室内でも、伝統的な飛行スーツおよびマーティンベーカー製射出シートのファブリックデザインを連想させるパインウッドグリーンのインサートや、革紐部分をグリーンにしたシートベルトなど、レッドアローズとイギリス空軍にちなんだディテールが数多く散りばめられている。

シートバックには、9機で構成するひし形の飛行フォーメーションを表したレッドアローズの有名なエンブレムが刺繍されており、シルとエンジンには1台1台異なるプレートが設置されている。このプレートには、飛行フォーメーションと同様、「Red1」から「Red10」までのナンバーが刻印される。

トランスミッション・トンネルにはイギリス空軍曲技飛行チームのロゴが刺繍され、キャビン後方のスペースは2+0のアレンジが施された。そこにはレッドアローのシンボルカラーでペイントしたレーシングヘルメットを2つ保管できるようになっている。

One-77から流用したステアリングホイールには、航空機のインストルメントパネルおよびスイッチギヤから発想を得た専用のロータリートグルスイッチが設置されており、シートフォールドとインナー・ドアハンドルのブラック/イエローのハッチド・デザインパターンも、やはり航空機を連想させるものとした。

ドアカードには、レッドアローズが得意とする高いGを発する高難度の空中演技「ビクセンブレイク」を表すグラフィックが縫い込まれている。

アストンマーティン史上最も速いロードカーの1台でもあるヴァンキッシュSのステアリングを握ったドライバーは、強大なパワーとともに、路面との繊細なアナログの対話を堪能することができる。

BAeホークが、飛行中あらゆる感覚をパイロットに伝えるように、ヴァンキッシュSも、ダイレクトなドライブ感覚を味わえるスポーツカーであり、その点で、アクロバティックな飛行を可能にしたホークに引けをとらない。

Q by Aston Martin ヴァンキッシュS レッドアローズエディションのオーナーには、レーシングヘルメット、レーシングスーツ、特別な刺繍が施されたボンバージャケット、ヴァンキッシュS専用の旅行カバンセット、車両およびジェット機のホークスを模した精密な18分の1スケールのダイキャストモデルなどが提供されるとともに、特別にデザインされた車体カバーと車両の製作記録書も発行される。

9台のヴァンキッシュSは、9機のレッドアローズによる飛行フォーメーションを反映したもので、10台目に製作されるモデルは、元軍人とその家族を支援するために設立されたチャリティ団体である「RAF慈善基金」に寄贈されることになっている。

最終更新:4/17(月) 11:23

オートックワン