ここから本文です

西~北日本 大荒れ 18日にかけて海上中心に暴風警戒

ウェザーマップ 4/17(月) 17:07配信

 西~北日本は18日(火)にかけて、海上を中心に非常に強い風が吹き、海はしけるため暴風や高波に警戒が必要となる。また、太平洋側を中心に、局地的に非常に激しい雨の降るおそれがある。土砂災害や低地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。

 17日午後3時、前線を伴った低気圧が朝鮮半島付近を東北東進している。低気圧は18日にかけて、急速に発達しながら日本海を北東へ進む見込み。

■暴風・高波に警戒

 18日にかけて西~北日本の広い範囲で、海上を中心に非常に強い風が吹き、海は大しけとなる。暴風や高波に警戒が必要だ。
 
 ≪予想最大瞬間風速(~18日)≫
 近畿、北海道、四国、関東甲信、東北、北陸 35メートル
 九州北部、九州南部・奄美、中国、東海 30メートル

 ≪予想される波の高さ(~18日)≫
 北海道         6メートル
 東北、関東、近畿、四国 5メートル
 九州北部、東海、北陸  4メートル

■18日にかけて大雨のおそれ

 低気圧や前線に向かって、南から湿った空気が流れ込んでいる。17日夕方、西日本は九州北部を中心に活発な雨雲がかかり、九州北部ではこれまでの大雨により地盤が非常に緩んでいる所や河川が増水している所がある。
 
 西日本は18日明け方にかけて、南西諸島や東日本は18日朝にかけて、北日本は18日未明~夕方に、局地的に雷を伴い1時間30~70ミリの非常に激しい雨、または激しい雨の降る所がある見込み。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒・注意が必要だ。落雷や竜巻など、激しい突風の吹くおそれもある。また、積雪の多い地域では雪解けが急速に進むため、河川の増水や土砂災害、なだれに注意が必要となる。

 ≪予想降水量(18日夕方まで・いずれも多い所)≫
 東海       230ミリ
 四国、近畿    200ミリ
 関東甲信     180ミリ
 九州南部・奄美  150ミリ
 北陸       120ミリ
 東北、北海道   100ミリ

最終更新:4/17(月) 17:07

ウェザーマップ