ここから本文です

新しいクラス、友だち、担任の先生?新学期、保護者の心配ごとはどんなこと?

4/17(月) 16:02配信

ベネッセ 教育情報サイト

4月になり、新学期を迎えた子ども。新しい環境は、わくわくすると同時に、新しいクラスや新しい先生になじめるのかなど、心配や不安もあったりしますよね。保護者のかたは子どもの新しい環境に、どんな心配をしているのでしょうか。またどんなサポートをしているのでしょうか。アンケートで聞いてみました。

新学期、保護者のかたの心配ごとはどんなこと?

子どもの進学、進級は本人にとってはもちろん、保護者のかたにとっても子どもの成長を感じられる節目ですよね。でも、新しいクラスや新しい担任の先生になじめるのか…といった心配ごとも。保護者のかたはどのようなことに心配しているのでしょうか。

まず、「お子さまが『新しいクラスになじめるか』心配ですか?」と聞いてみました。
回答では、「心配している」と回答したかたは、54%でした。新しいクラスといえば、新しい友だち、新しい担任の先生…。クラスになじめれば、友だちもできるし、先生ともうまくコミュニケーションできそうですが。

「友だちができるか」と心配している保護者のかたも少なくありませんでした。アンケートによれば、52%と半数以上が子どもに友だちができるかを心配されていました。

友だちは子どもの毎日を輝かせてくれる貴重な存在。子どもの人生にも大きな影響をもたらしてくれますね。でも、低学年の場合コミュニケーションがまだ得意ではない子どもも。そんな子どもには、保護者のかたから人との付き合いかたを示してあげられるといいかもしれません。例えば、朝は「おはよう」、夜は「おやすみ」などの挨拶の習慣も大事。日頃から家庭での挨拶を習慣化していれば、学校でも会った人にきちんと挨拶できるはず。挨拶をきっかけに進展する関係もあるのでは。

次に「新しい先生との相性」について質問してみました。「心配している」と回答したかたは、58%。先生次第で子どものやる気や成績などが変わることもあり、先生との相性を心配している保護者のかたは意外と多いようです。

1/2ページ