ここから本文です

今日から発売、ホンダの新型クルーザーモデルは車重軽く足つき良好

4/17(月) 9:50配信

ニュースイッチ

「レブル」2種類

 ホンダは幅広い年齢や体格のライダーに乗りやすくしたクルーザーモデルの2輪車「レブル250」と「同500」を17日に発売する。車両重量は168キログラムからと軽い上、シート高690ミリメートルと低いため、足つきがよく、まっすぐな姿勢で乗れる。消費税込みの価格は同250が53万7840円からで、同500が78万5160円から。両方合わせて、国内で年間2500台の販売を目指す。

 レブルシリーズは2016年11月、米で開催した2輪車ショー「IMS Long Beach」で発表済み。デザインコンセプトは「シンプル」と「ロー(未加工の素材)」で、タフでクールなイメージを施した。前後のタイヤは16インチサイズを採用し、迫力あるスタイリングを演出した。共通の車体色として、「マットアーマードシルバーメタリック」を設定した。

 同250は排気量249ccのDOHC単気筒エンジンを搭載。同500は471ccのDOHC直列2気筒エンジンを採用した。低回転域では扱いやすく、高回転まで伸びのある出力特性にした。

最終更新:4/17(月) 9:50
ニュースイッチ