ここから本文です

治安が悪化するエルサレム、外国人の被害も増加

ロイター 4/17(月) 17:02配信

 キリスト教徒が「聖金曜日」を祝い、イスラム教徒が聖地で祈りを捧げた4月14日、エルサレムの市街電車の中で英国人女性がパレスチナ人の男に刺されて死亡した。
 事件が起きたのは、エルサレムの旧市街地と市庁舎近くを走る路面電車の中で、容疑者が連行される様子を撮影したテレビ画面には、血痕も生々しい電車の床が写っていた。
 被害者は25歳の英国籍女性で、イスラエル国籍があるかどうかは不明。
 容疑者の男は、東エルサレムのアラブ人地区に住む57歳のパレスチナ人精神病患者で、2011年には自分の娘に性的暴行を働いたとして有罪判決を受けている。

(イスラエル、エルサレム、4月14日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)

最終更新:4/17(月) 17:02

ロイター