ここから本文です

錦織世代の27歳ジョンソン 大会初V、キャリア2勝目<男子テニス>

4/17(月) 14:49配信

tennis365.net

フェイズ・サロフィム&Co. 米男子クレーコート選手権

男子テニスツアーのフェイズ・サロフィム&Co. 米男子クレーコート選手権(アメリカ/ヒューストン、クレー、ATP250)は16日、シングルス決勝戦が行われ、第4シードのS・ジョンソン(アメリカ)が第8シードのT・ベルッチ(ブラジル)を6-4, 4-6, 7-6 (7-5)のフルセットで下して大会初の優勝を飾り、キャリア通算2勝目をあげた。

【モンテカルロ・マスターズ対戦表】

この試合、第1セットを先取したジョンソンだったが、続く第2セットでは1度もブレークチャンスを掴めずに落とし、セットカウント1-1に。

その後、ファイナルセットでは両者1度のブレークからタイブレークに突入し、接戦を繰り広げるが、最後はジョンソンがポイント連取に成功し、2時間24分で勝利を手にした。

今大会、ジョンソンは初戦の2回戦でD・ブラウン(ドイツ)、準々決勝で第5シードのF・ベルダスコ(スペイン)、準決勝で第1シードのJ・ソック(アメリカ)を下しての勝ち上がりだった。

ジョンソンは現在27歳(1989年生まれ)で、錦織圭やB・ペール(フランス)、M・クリザン(スロバキア)らと同じ世代の選手。

昨年6月のAEGONノッティンガム・オープン(イギリス/ノッティンガム、芝、ATP250)でツアー初優勝を飾って以来のタイトル獲得となった。

tennis365.net

最終更新:4/17(月) 14:49
tennis365.net