ここから本文です

水樹奈々が選ぶ、この時期聴いてほしい「奈々ソン春歌」7選

4/17(月) 18:00配信

TOKYO FM+

声優・歌手として活躍する水樹奈々がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「Mの世界」。4月10日の放送では、水樹が、この時期に聴いてほしい自身の春ソングを7曲セレクトし、発売当時の思い出やレコーディング裏話などを交えてご紹介。コアファンから新規ファンまで楽しめる、新旧の楽曲を織り交ぜた音楽特集をお届けしました。

この日の放送は、歌手・水樹奈々の魅力をたっぷり味わっていただく音楽企画をお届けしました。題して「奈々ソン春歌7選」。水樹奈々の全楽曲から、コンピレーションアルバムを作るような感覚で選んだ、自身の春ソング7曲です。


【奈々ソン春歌1/「POWER GATE」(2002年5月1日発売シングル)】
水樹「最初のフレーズが『春色でちょっとキメて』から始まるので、春歌特集といったら、この歌が1曲目でしょう!と迷わず決めた1曲です」

【奈々ソン春歌2/「Lovely Fruit」(2012年12月12日発売アルバム『ROCKBOUND NEIGHBORS』収録)】
水樹「アニメ『トリコ』のエンディングテーマになっておりまして、主人公の決め台詞が『いただきます』というところから、『いただきますLovely Fruit』という歌詞に落とし込まれているんです。リリースは冬ですけど、春のウキウキした気持ちがすごく詰まっているんじゃないかなと思って選びました」

【奈々ソン春歌3/「You have a dream」(2006年5月3日発売アルバム『HYBRID UNIVERSE』収録)】
水樹「超前向きになれる、夢に向かって頑張る人への応援ソングなので、この時期に聴きたい曲だと思いチョイスしました。デモテープを聴いて“ひと耳ぼれ”をして……実は歌を2回録り直しているんですよ。それくらいこだわって作った曲ですね」

【奈々ソン春歌4/「FATE」(2014年4月16日発売アルバム『SUPERNAL LIBERTY』収録)】
水樹「曲を聴いた瞬間に絶対ラブソングにしたいなって、作詞をする前に思ったんです。書いたことのないラブソングがいいな~と思って、失恋でもなく、すごくハッピーなわけでもなく……。今までのラブソングの中でも特に大人っぽいストーリーになっているものです」

【奈々ソン春歌5/「Angel Blossom」(2015年4月22日発売シングル)】
水樹「『魔法少女リリカルなのはViVid』のオープニングテーマでした。キャラクターたちがそれぞれのことが大好きで、会えるだけで嬉しいという気持ちになっているのがすごく印象的だったんですよね。私の嬉しい妄想やハッピーな妄想がいっぱい詰まっている、春にぴったりな曲です」

【奈々ソン春歌6/「New Sensation」(2003年4月23日発売シングル)】
水樹「学生服のCMソングになっておりまして、4月にリリースされたこともあって、春歌だったら絶対に外せない1曲です。この頃って、アフレコが終わってからスタジオに行くんですよ。なので、夜からのレコーディングがほとんど。この曲も夜にレコーティングしていたんですけど、レコーディング後、みんなでお蕎麦を食べに行ったんですね。そこでいろいろ話していたら、後半にフェイクを入れようって話になって……その時点で夜中の2時なんですけど(笑)。スタジオに戻って、最後のフェイクをスパルタのようにみんなで模索しながら録ったことを思い出します。この話、初めてしたかも」

【奈々ソン春歌7/「君よ叫べ」(2016年12月21日発売アルバム『NEOGENE CREATION』収録)】
水樹「私が作詞作曲した曲です。水樹奈々というと、ストリングスを多用した激熱なロックサウンドは外せないんじゃないかなということで……。それに一番フィットした春歌はなんだろうって考えたときに、この曲しかないなって思いました。自分へのエールソングがあるといいなっていうふうに思って作った曲です」


水樹本人が選んだ「奈々ソン春歌7選」いかがでしたでしょうか? 今後も季節の恒例企画として実施します。次回の「奈々ソン夏歌7選」にもご期待ください。

(TOKYO FM「水樹奈々のMの世界」4月10日放送より)

最終更新:4/17(月) 18:00
TOKYO FM+