ここから本文です

量産化か!?C-HRベースで発売も視野に入れた「トヨタ FT-4X」は見た目を“裏切らない”

4/17(月) 12:25配信

オートックワン

トヨタのSUVを最も象徴するモデルはランドクルーザーだが、その中でもカリスマ的存在とも言えるモデルが“ヨンマル”と呼ばれる「ランドクルーザー40系」だろう。

FT-4X ニューヨークモーターショー現地フォトギャラリー

ヘビーデューティ系の象徴と言う存在で、道なき道を走る悪路走破性と抜群の信頼性/耐久性、機能を形にしたスタイルなどは、生産終了から33年経った今でも高い評価を受けている。

そんなヨンマルのデザインをモチーフに登場したのが「FJクルーザー」。当初は北米専用モデルとして発売されたものの、日本からのラブコールを受け国内販売もスタートされた。2016年に生産終了となったが、後継モデルのラブコールも多かったと聞く。

そんな中、ニューヨークショーで「Future TOYOTA 4×4」を意味する「FT-4Xコンセプト」がお披露目された。

事前情報ではFJクルーザーのフルモデルチェンジ版と噂されていたモデルだが、実際はCセグメントクラスの小型SUVのデザインコンセプトだったのである。

エクステリアはXをモチーフにしたスタイルで、角ばったボクシーなスタイルを採用するが、水平基調のグリルや「TOYOTA」ロゴ、そしてホワイトのルーフなどはヨンマルがモチーフなのは明らか。

単なる懐古主義ではなくオマージュなのが嬉しい。個人的にはカスタマイズが可能な縦に長いリアサイドウィンドウの処理は、かつてトヨタにラインナップされていた元祖(!?)クロスオーバーのスプリンターカリブを思い出した。

更にリアゲートは「マルチハッチ」と呼ばれるトヨタ版「ワクワクゲート」と言ってもいいカラクリで、大きなハンドルを回すと観音開きと跳ね上げ式に使い分けることが可能となっている。

インテリアもエクステリア同様に個性的だ。最新のインターフェイスを採用するが、あえてメカニカルなデザインにすることで、新しいけど懐かしい印象。

ちなみにウォータープルーフのインテリア、取り外し可能なルームライト/オーディオ、回転可能なシリンダータイプのエアコンダクト、冷蔵/保温可能な2つの内蔵コンソール付きのバックドア、ラゲッジ下の床下収納、更に寝袋になるアームレスト(THE NORTH FACE製)、水筒として使えるドアハンドルなど、アウトドアユースに便利かつ機能的にも「ワクドキ」が体感できる装備が満載となっているのだ。

1/2ページ

最終更新:4/17(月) 12:25
オートックワン