ここから本文です

モンフィス 5月に復帰予定、全仏OPへ照準合わせる<男子テニス>

4/17(月) 16:08配信

tennis365.net

ガエル・モンフィス

15日、男子テニスで世界ランク16位のG・モンフィス(フランス)のマネージャーが、モンフィスのツイッターアカウントで怪我の近況についての声明を明らかにした。

【ジョコ戦のモンフィスに非難】

現在30歳のモンフィスは、BNPパリバ・オープン男子(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード)4回戦でD・ティエム(オーストリア)に敗れた後に、左膝蓋骨の軟骨疾患と左アキレス腱に損傷があることを発表。

3週間半の休息を必要としたモンフィスは、国別対抗戦デビスカップと昨年準優勝のモンテカルロ・ロレックス・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッド クレー、ATP1000)の欠場を余儀なくされた。

今回投稿された声明では、5月のBMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、クレー、ATP250)に間に合うと期待されており、続くムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、 ATP1000)、BNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)、そして全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)に出場する予定だという。

文中では「大事な大会を欠場することは常に残念なことだが、我々は明るい一面を見るようにする」と述べており、クレーコートシーズンに向けてより入念な準備をして、故郷フランスで四大大会が始まる時期に照準を合わせるという。

全仏オープンは5月28日から開幕する。

tennis365.net

最終更新:4/17(月) 18:05
tennis365.net