ここから本文です

スバル、ランクルサイズの新型SUV“アセント”は新開発の2.4リッターターボ搭載か

オートックワン 4/17(月) 13:01配信

スバルが2018年に北米に導入するフラッグシップSUV「アセント」

2016年11月のロサンゼルスオートショーでお披露目されたデザインコンセプト「VIZIV(ヴィジヴ)7シーターコンセプト」。このモデルは2018年に導入予定の北米向けSUVを示唆するデザインコンセプトだったが、2017年4月のニューヨークショーでは量産仕様のティザーモデル「アセントSUVコンセプト」へと進化した。

【画像】スバル アセントの写真を見る

さらに正式名称も「アセント(ASCENT)」と発表されたが、アセントとは「上る/上昇/上り坂」を意味し、北米ではアウトドア/アドベンチャーをイメージさせる言葉である。クロストレック(日本名:XV)やアウトバックも同様のイメージなので、ラインナップ全体で整合性を持たせた…と言うことだ。

ちなみにスバルは日本だと「L」を頭文字にするモデルが多いのだが、今回は北米専用車と言うことで、アメリカのメンバーに選択を託したそうだ。

エクステリアはヴィジヴ7シーターコンセプトの流れを組むデザインだが、現実的になっただけでなくよりスタイリッシュに見える。

スバルのデザインキーマンである石井守氏は、「ヴィジヴ7シーターコンセプトは『スバルとして一番大きなデザインのモデルを出します』と言う宣言でもあったので、あえてボクシーにしていた部分がありました。アセントSUVコンセプトはSUV系のトップレンジを担うモデルになりますので、より『上質感』や『存在感』を際立たせるために、ボクシーよりももう少し上質な面の作り方などを表現しています」と語る。

アセントのボディサイズは、ヴィジヴ7シーターコンセプトの全長5200×全幅2030×全幅1860mm、ホイールベース2990mmに対して全長5050×全幅1990×全幅1840mm、ホイールベース2970mmと若干サイズは小さくなっている。「ピュアに表現しようとすると結果的に大きくなってしまいます(笑)。量産になると適正な寸法が決まってきますので、それに当てはめながらも、大きく張り出した印象を再現させました。 (石井)」。

スバルのデザイン言語である「ダイナミック×ソリッド」を全面採用し、どちらかと言うとソリッドを強めているようだが、フェンダーの処理などは他のモデルよりもダイナミックな印象を受ける。ちなみにフロントマスクは一目でスバルと解るようにXVと同じく厚みを持たせているそうだ。もちろんSUVシリーズの象徴の一つであるボディ下部のクラッディングも採用されている。

インプレッサではデザイン代のために寸法が与えられたと聞くが、アセントSUVコンセプトは? 「トライベッカの失敗もあり、このモデルは大人7人がシッカリと乗れるパッケージングとスバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)で最適な走行性能が得られるトレッドを決めてからデザインがスタートしたので、意外とデザイン代は…。限られた寸法の中でダイナミック×ソリッドを最大限に見せられるデザインを実現させています(石井)」。

1/2ページ

最終更新:4/17(月) 13:01

オートックワン