ここから本文です

女性2人負傷…後ろから男が首絞める 狭山と川越で2件、関連を捜査

埼玉新聞 4/17(月) 22:30配信

 16日夜、埼玉県の狭山市と川越市で、女性が男にいきなり後ろから首を絞められ負傷した。男1人が逃走しており、狭山署と川越署はいずれも傷害事件として、2件の関連も含め調べている。

 16日午後10時40分ごろ、狭山市柏原新田の路上で、自転車に乗っていた10代女性が暗がりから出てきた男に転倒させられた。男は女性を羽交い絞めにし、後ろから首を締めてそのまま逃走した。女性は首に約1週間のけが。

 狭山署によると、男は40~60代で紺色のキャップ帽と眼鏡を着用。黒っぽい上着に白っぽいズボンを履いていた。

 約30分後、約5キロ離れた川越市の土手にあるサイクリングロードで、市内に住むランニング中の20代女性が後ろから近づいてきた男に首を絞められ、転倒した際に左肘を脱臼した。女性はその場を離れ、男は逃走した。

 川越署によると、現場は同市上戸と鯨井の境付近。女性は1人でランニングをしていたという。

最終更新:4/17(月) 22:30

埼玉新聞