ここから本文です

女性同士の取っ組み合いのケンカ「キャットファイト」がひそかなブームに

4/17(月) 17:59配信

AbemaTIMES

 格闘技ブームの影響もあり、女性同士の取っ組み合いのケンカ、「キャットファイト」が最近人気を集めているという。会場には女性のファンもいる。「現実を忘れさせてくれる。そういう不思議な空間という所から、ハマっていった」と女性は語る。そんなキャットファイトの現場とは。日本では最大級にして老舗のキャットファイト組織を取材した。

 今回取材したのは「Cat Panic Entertainment~キャット・パニック・エンターテイメント~」。今回の戦いは、限定60名、至近距離で見られるという。主催者のTHOGOさんは「プロレスは肩をついて1・2・3で負けだが、キャットファイトは股を広げて1・2・3」とプロレスとキャットファイトの違いについて説明する。

 試合が開始すると、会場はますます狭くなる。キャットファイトには前述のカウント以外にも様々なルールがあり、試合はポイント制で進んでいく。例えばこの試合では股を広げて3カウントすると「バナナタイム」に突入。「バナナコール」とともに変態にしか見えないパンツ一丁の“バナナおじさん”が登場すると、おもむろに股間にバナナをあてる。そして選手がバナナを咥え、セクシーアピールをしてポイントを積み上げていく。その後も相手の服を剥ぎ取り、Tバック1枚にしたら勝利という“追い剥ぎマッチ”なども存在する。

 また、借り物マッチという3カウントもしくはギブアップを取った後、指定されたアイテムを観客から1つずつ借り、先に3つ集めた方が勝利する戦いにはさちこYOKOZUNAさんが出場。圧迫フェチなどでフェチ系イベントに出演している女性だ。乳首責めが弱点ではあったが必殺技のさちこローラーを繰り出し、勝利した。

 キャットファイト、女性たちの“熱く、恥ずかしい”戦いが気になる方は、是非見にいってみてはいかがだろうか。(AbemaTV/AbemaWaveサタデーナイトより)

最終更新:4/17(月) 17:59
AbemaTIMES