ここから本文です

爆発事件で負傷のバルトラ、元気なギプス姿披露 元同僚J・アルバ&ブスケッツとニッコリ

4/17(月) 18:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

復帰まで約1か月かかるバルトラ

ドルトムントDFマルク・バルトラは、11日の試合前に起こった爆発事件に巻き込まれ、腕を骨折し、手術を受けるほどの負傷をしていた。元チームメイトでバルセロナに所属するDFジョルディ・アルバとセルヒオ・ブスケッツは、同選手のもとを訪問。ジョルディ・アルバは自身のInstagramを更新し3ショット写真を公開した。

[写真]ギプス姿のバルトラ、3ショット

UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ、ユヴェントス戦を前に、オフを利用してバルトラのお見舞いをしたジョルディ・アルバは、「友人に会えて一緒に笑い合えるのはなんて素晴らしいことだなんだ」とメッセージを添えた。3ショット写真の真ん中に写るバルトラは、右腕にギプスする姿だったが元気な様子を見せている。

退院し自宅で休養するバルトラは、復帰までおよそ1ヶ月かかる見込みで、UCL準々決勝2ndレグのモナコ戦やDFBポカール準決勝のバイエルン・ミュンヘン戦などの重要な試合も欠場する予定となっている。

http://www.theworldmagazine.jp