ここから本文です

「イタリアやスペインでそれは起きない」 ペップがイングランドで感じたこととは

4/17(月) 22:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

シティサポーターに感謝するグアルディオラ監督

マンチェスター・シティは15日、イングランド・プレミアリーグ第33節でサウサンプトン相手に3-0と完勝した。確実に勝ち点3を重ね、UEFAチャンピオンズリーグ出場圏内の4位をキープしている。

シティはUCLラウンド16で敗退して以降、リーグ戦3試合勝利がなく停滞していたがその後立直りを見せ2連勝している。それはサポーターのお陰だとペップ・グアルディオラ監督は語った。同監督のコメントを英『the guardian』が伝えている。

「ここではプレッシャーが恋しいよ。スペイン、特にドイツでは選手や監督、全ての人にプレッシャーが多く掛かっていた。ここは落ち着いている。例えばモナコにUCLで負け大会を去り、その後リヴァプール、アーセナル、チェルシーと対戦した。1試合も勝利することができなかったが、その次のホームのハル・シティ戦ではサポーターが我々の後押しをしてくれた。イタリアやスペインでそれは起きない」

グアルディオラ監督は不甲斐ない結果でもサポーターが一緒に戦ってくれることに感謝した。イングランドでの暖かみを感じたグアルディオラ監督は、今度はサポーターに恩返しができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp