ここから本文です

皇居吹上御苑で自然観察会

ホウドウキョク 4/17(月) 8:36配信

高齢者を対象とした自然観察会が行われた。
参加者は、「陛下が普段、こういうのもご覧になって、生活していらっしゃるわけだから。(見せていただけるというのは)本当にうれしいことですよね」、「東京のど真ん中に、こんな自然が残っているので感動しました」などと話した。
この観察会は「皇居の自然を国民とともに分かち合いたい」という天皇陛下の発案で、10年前から年に2回開かれている。
両陛下が朝の散策をされる吹上御苑は、昭和天皇の意向で、武蔵野の自然ができるだけ残されていて、巨木が生い茂り、絶滅危惧種のヒキノカサなど、3,000種類を超える動植物が生息している。
16日は、およそ54倍の抽選で選ばれた高齢者が、専門家の説明を聞きながら、1kmほどのコースを散策し、普段は立ち入れない都心の豊かな自然を満喫していた。

最終更新:4/17(月) 8:36

ホウドウキョク