ここから本文です

韓国大統領選スタート

ホウドウキョク 4/17(月) 17:24配信

韓国を率いるリーダーは、誰になるのか。
「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補は、「雇用の質を高める政策を後回しにしません」と述べた。
「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)候補は、「約束を守る政治をします!!」と述べた。
5月の大統領選に向け、4月17日、「共に民主党」の文在寅氏は、南東部の大邱(テグ)市で遊説をスタートさせ、「国民全体の大統領」とのイメージを強調した。
一方、「国民の党」の安哲秀氏は、ソウルの街頭に立ち「自分こそ改革の適任者だ」と訴えた。
選挙は、強硬姿勢を強める北朝鮮をにらみ、安全保障への対応が大きな争点になっている。
文氏は、ここまでの世論調査でわずかにリードしているものの、今後どこまで保守層の票を取り込めるかが焦点で、22日間の戦いが続く。

最終更新:4/17(月) 17:24

ホウドウキョク