ここから本文です

大阪に「雲をつきぬける」新ホテル、コンラッド開業

4/17(月) 19:00配信

Lmaga.jp

2017年6月9日に開業を迎える、中之島の新ホテル「コンラッド大阪」(大阪市北区)。同ホテルが入る「中之島フェスティバルタワー・ウエスト」が4月17日に開業し、すでにオープンしている東棟と合わせ、超高層ツインタワーが「フェスティバルシティ」として街開きオープンした。

【写真】「ホテルコンセプトは、Your Address in the Sky」と語る総支配人のカラン・シン氏(14日、大阪市北区)

「コンラッド大阪」では、開業に先駆けて、38階からの眺望をお披露目。総支配人のカラン・シン氏は、「ホテルコンセプトは、『Your Address in the Skyー雲をつきぬけて』。東は大阪城、西は淡路島、北は淀川の花火、南は道頓堀のにぎわいを眺められる最高のビューです。4つのレストランとバー&ラウンジに会議室、チャペルからも眺望が楽しめます」と挨拶。

地上200メートルから壮大なパノラマビューを眼下に見渡すホテルには50平米以上の広さの客室が164室。オープンキッチンでライブクッキングを楽しめるブッフェスタイルの「アトモス・ダイニング」、寿司&鉄板焼カウンター「蔵」に、シーフードグリル料理を楽しめる「シーグリル」と「40 スカイバー&ラウンジ」が40階にオープン。ホテルロビーには、名和晃平をはじめ現代アートの作品がおかれるとあって、こちらも見逃せない。

最終更新:6/5(月) 17:38
Lmaga.jp